FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業

本日は、女子小学校から課外授業のために、この男子体育大学に来る。
「男性の扱い方」という授業のために来るのだがいつも大学の教員や生徒達は、
この授業だけは、緊張してしまう。

小学校から課外授業にやってきたのは、小学4年生の20人ほどであるが
大学の体育館に入ってくる時は、扉に対して大きく屈み込んでやっと入れるくらいで
体育館に整列した女子生徒達はものすごく壮観であった。
それに対し、男子大学生は、大学の中では全国上位に入るくらいの体育大学である事もあり
鍛え上げられた男性ばかりである。
しかし大きな男子学生でさえ目の前にいる女子小学生達は、見上げてお臍が見えるくらいである。

この授業の趣旨は、思春期を向かえこれからグングン成長していく女子が男子の弱い所を分からせ、
最近は減少しているが低年齢女性の男性への暴行を少なくしようと言うことである。

少し前までは小学6年から行ってきた授業であったが女性が思春期を迎えるのが早くなり
今では4年生で行っているのである。

「よろしくお願いします。」
整列をして向き合った女子は、壮観であり大学生達の半分しか生きていないのであるが
その大きさは、大学生が幼児の様な差であった。
「今回授業に参加していただける男子大学生の皆さんです。」
「こちらこそよろしくお願いします。」
お辞儀をするもののどちらが教えるのか分からないくらいの体格差である。

「それではまず握手の仕方です。」
「まずは、こちらにりんごがありますので、みんなこれを持ってください」
係りの大学生がりんごをもって女子達に渡すため手を高々と上げるのだが女子達は、屈んで
手を差し伸べてりんご貰う。
大学生にとっては手一杯のリンゴも女子達の手の中ではピンポン玉くらいの大きさである。
「はい皆さん貰いましたね。それではそのリンゴを潰さない様に握ってください。」
男性の場合、リンゴを潰せる人は、筋力のあるごく僅かな人間であるのだが・・・
「あぁーつぶれちゃったぁー」
「えぇーこれ潰さないの難しいよぉー」
次々に潰れていき最終的には全員潰してしまった。
「はい、リンゴを潰すような力で男性と握手してはいけませんよ。」
「えぇーそんなぁー」
驚きを隠せない女子達であるが
「もし同じ力で男性と握手すると骨が砕けちゃいますから
なので握手する時は、手を差し出すだけにしましょう。」
「はぁーい、分かりました。」
「それでは、男性の方と握手しましょう。」
女子の前に大学生達が並んで手を高々と差し出した。
女子達がそれを見て太股近くにある手に握手するため座り込み始めた。
その動きに男性達は、迫力に負けて後ろに下がった。
それでも恐怖を克服し、男性の目の前にある大きな手を握り締める。
ただ大きすぎる手の前では指を掴んでいるといった方が良い。
「うわぁーこんなに手って小さいの」
「これじゃ握りつぶしちゃうよ」
そんな感想を年下に言われているのを我慢している。
「それでは、男性に思いっきり手を握りして貰いましょう。」
すると男性は顔を歪ませながらその手を握り締めたのだが
「なんか握り締めてるのは分かるけど・・・・」
「えっほんと何にも感じないんだけど」
必死になっている大学生達に対して平然としている女子小学生である。
改めて男女格差の大きさを認識してしまう光景であった。
「さぁー次は大学生に手を思いっきり引っ張ってもらいます。」
大学生達はその言葉を聴いて一斉に巨大な手を引っ張り始めた。
通常男性より大柄で力は持っているのだが・・・
「ねぇーほんと引っ張ってるの?」
「必死なのは顔を見ると分かるけど・・・」
女子にとっては、無に等しい力であった。
「さぁーこれで男性と女性の力の格差が分かりましたね。」
「はぁーい」

それからと言うもの授業では、女子小学生に男子大学生は翻弄されっぱなしであった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

海外講師の驚き

私は、今年アメリカから英語の講師として日本に来ました。
中学校1年生を担当していたのですが、最近の女子の成長ぶりは驚きました。
入学当初は140cm台を平均に大きくて160cmとなっていたんですが
8月の時点で一番小さい子で169cmで平均で180cm台になったんです。
私は187cmでアメリカでは長身の部類だったのです。
ただ私と同年代の日本人女性は私の身長では、小柄な部類に入ってしまいます。
女性の先生の中では、私が一番小さいのです。
因みに男性の先生で私より大きい人はいません。

まさか12歳くらいの女性に抜かれるなんて思ってませんでした。
でも今ではもうあきれる位大きくなっています。
大きな女子になると一番大きな先生よりも大きく
私なんか胸元よりも下になっているんです。

逆に男子は、驚くほど小さくて一番大きくても
小さい女子がしゃがみ込んでもまだ見上げてしまっています。
男性教師もあまり変わらず、女子を注意しても腰に手を当て仁王立ちになっている女子の前では、
男性教師は見上げながら注意しているので全く威厳がないのです。
そんな姿に女子は、男性教師を睨みながら聞いていると男子教師は恐縮してしまうのです。

バレーボール

「おまえらなにやってるんだぁー!!それでも男子バレー全日本代表か!!」
そう俺たちの前にいる監督は叫ぶ
確かに俺たちは日本代表だ、しかもこの前のワールドカップでは、
すべでの試合をストレートで勝ち進み1セットも取られない試合をしてみせた。
練習も死に物狂いで行ったのだがそれよりも食事療法による、
体の作りこみにより全日本で小柄な選手でも他国の大柄な選手よりも遥かに大きくなった。

しかしこの食事療法は男性よりも女性に効いたらしく全日本女子は、サーブ、ブロックのみで世界一になった。
サーブは他国選手のアタックの数十倍の威力を持っていたがそれでも手加減していたらしく、
本気で打つとボールが破裂してしまうほどであった。
ブロックはしゃがみ込んで、アタッカーの目の前に手のひらを持っていき簡単に弾き返していた。
その手のひらの前ではバレーボールが野球ボールにしか見えなく、アタッカーが一人時間差、
バックアタックなど色々な戦術をしようともアタックする時には目の前に手のひらがあった。

そんな女子代表と試合をしては男子代表は勝てないは当たり前であったが、
今試合をしてるのは、小学6年生であった。
初の試みとして、とある学校の給食でその食事療法を行ったのであった。
その結果、男女共に成長を始めたが小学6年生で男女間の体格の差は男子の3倍ある女子となった、
そんな小学生にバレーを教えに来た男子代表は、成長した女子小学生を見上げながら
ルールなどを教え、いざ試合をしてみると女子小学生の一方的な試合となってしまった。
「おじさん私のサーブ取れないの? もっと緩くした方がいい?」

そのサーブは、女子代表と同じレベルのサーブであった。
サーブに対しその速度に対し反応できず、またレシーブしても体ごと吹っ飛んでしまい
気絶してしまう選手がいた。
男子選手は呆然と女子小学生を見上げていたが
「こんなの楽しいかな?」
「おじさんから来るサーブなんかそのままおじさんに返しても返ってこないし」

「ねぇーみんなでトスして遊ばない?」
「うん遊ぼう!!」

そしてトス練習が始まり、男子日本代表は用なしとなり遥か上空を行き来するボールを眺めていた。

ネットでサーチ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。