FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗3

「本日入店の期待の新人マリちゃんの登場です。」
マリちゃんが、登場すると客は驚きの声を上げ、プロフィールの書かれた紙を再確認していた。
マリちゃん29歳 身長157cm B120 W62 H89と書かれていた。
29歳で150cm台は本当に珍しいがそれでもキリッした顔立ちと体に不釣合いな大きなバストは
すべてのお客の注目の的であった。
普通であれば大きくなってしまう時期ではあるのだが、それに備え結婚も子供も生んだが
マリちゃんは少し遅いらしくそのおかげで職も見当たらないため、ここで働くことした。
マリちゃんは人気No1となった。
人気が最高潮になったときにマリちゃんの巨大化は始まった。
日に日に大きくなるマリちゃんはついに2mを超えてこのお店を辞めるときが来た。
マリちゃんが辞める事に悲しんでいるお客に向かって
「私をこれだけ思ってくれたお客さんに感謝します。」と一礼した。

それから1年後にお店にマリちゃんが遊びに来た。
「うわぁー私こんな所で働いていたんだ」
「もしかしてマリちゃんなの?」
大きな声に驚いて店長がお店の外に出てきた。
「あっ店長お久しぶりです。元気にやってますか?」
お店から出てきた店長を見つけると屈みこみながら挨拶した。
「もちろん元気にやってるけどマリちゃん大きくなったねぇー」
マリちゃんは、巨大化した女性の中でも大きくなっていた。
お店はマリちゃんの脚の親指よりも小さい。
「あれだけ小さいことに悩んでましたけど、こんなに大きくなちゃって・・・」
「そうだね、いろいろ相談に乗ってあげたけど・・・まったく意味のない事だったね
こんなに大きいとマリちゃんを見てるだけで首がいたくなるよ」
店長の気さくな話にマリちゃんも喜んでいた。
「みんなさんはどうなんですか?」
「マリちゃんがいなくなってからお客さんは激減したけど
でもやっぱり小さい女性がいいみたいで半年ぐらい前から元の状態だよ
何なら屋根開けて挨拶していいよ」
「うそぉーホントですかぁー」
「でもそっとね、マリちゃんの大きさだと屋根なんて息吹きかけただけで飛んで行くから」
「はぁーい。丁寧に扱いまぁーす」
マリちゃんは、指先で慎重に屋根を摘み上げた。
すると中にいたお客達は
「もしかしてマリちゃん?」
「ほんとだマリちゃんだよ。デカイなぁー」
とみんな懐かしいのと驚きの声を上げていた。
「あっ先輩元気ですか?」
マリちゃんが働いていた頃の先輩ユキを見つけた。
ユキもまた巨大化できない女性ではあったものの298cmと長身でマリちゃんが辞める時でも大きく
「マリちゃんもし巨大化が止まって私ぐらいになったらまた戻っておいでね」
と言ったきりの再会であったが
「マリちゃんなんて大きくなったの!!」
ユキは驚きの声をあげ見上げていた。
「ユキ先輩、マリこんなに大きくなちゃって・・・・ホントは戻ってきたかったですが・・・・」
「何言ってるのよ。そんな大きな体になれるなんてすごく羨ましいわよ。でも良かった元気そうで」
ユキはマリちゃんの事が相当心配だったらしくつい涙をこぼすと
「せんぱーい、私もこんなに自分が大きくなることが怖くて怖くて・・・・」
今までの事を思い出しながらマリちゃんは大粒の涙を零し始めた。。
大粒の涙は男性にとっては恐怖でしかなかった。
涙に直撃した車は、その水圧で潰れてしまうほどであった。
「マリちゃん泣くのはやめてくれぇーお店が潰れちゃうよぉー」
店長はねだめるようにマリちゃんに叫んだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

風俗2

このお店の一番人気は小柄なエリちゃんで身長も210cmと女性の中では最小である。
また、最近の女性に見られ巨大なおっぱいではなくEカップくらいの美乳でウエストも細くヒップも
しまっている。
そんなエリちゃんにいつも指名する男性がおり常連のお客になると会話も楽しめるようになり、
そのお客さんは、エリちゃんの様な女性でないと恋人感覚にはなれないらしい。
ただエリちゃん自身はその体格がコンプレックスで他の女性の大きな体格を羨ましく思っている。
仕方ない話ではあるが、ここに来るお客には独身が少ない。
それは、普段の生活では、大きな女性のほうが有利であり、そういった女性を男性は好む
しかし性生活となると逆に小さい女性の方が男性は好むのである。
女性の巨大化は20代後半に起き、巨大化後は妊娠することは無いため20代前半には、
結婚し子持ちとなり、巨大化すると旦那が退職し育児に励み、嫁が働く。
女性の風俗通いは増えたがそれを阻止する旦那の権力も無い。
しかしこういったシステムのおかげで嫁の目を潜ることも出来ている。
時代の流れから出来たお店だがエリちゃんにとってはそれが苦痛なのである。
時々旦那を捜しにやってくる大きな女性が屋根を持上げて見下ろされた時には、自分の小ささに情けなくなる。
しかも旦那と共に摘み上げられ
「大体、こんな小女の何処がいいのよ。もっと若い女の子いっぱいいるのに・・・」
こんな事を言われても働き口はほとんどない為、この屈辱には耐えるしかないのである。

風俗

「こんなお店が残ってるなんて珍しいですね。」
「そうですね。こんな事してるのは、この辺だとここしかありませんから・・」
「でもいろいろ大変じゃないですか?」
「そりゃもう・・・・」

店長とお客はそう話していた。
そのお店は昔は賑わっていたストリップなどの風俗営業であったが
近年の女性の巨大化による男性の権力衰退は著しく逆にホストクラブなどの風俗が急増している。
その中でこのお店は、格安で話題となっており、しかも女性も極少ない巨大化を免れた女性が
在籍しているためものすごく人気がある。
ただし、このお店のもう一つの特徴はすべての行為はガラス越しで行なわれる。
このお店のシステムは、最初に出勤している女性が一斉にガラス越しから現れて
どの女性を指名するかを選び、その後で個室に入りガラス越しのオナニーショーが始まる。
なのでガラス越しの付き合いであり女性の匂いも付けることもない為、結婚している男性が多く来店する。

しかし時々嫁と思われる巨大な女性がお店の前に現れると
「ちょっと家の旦那いないかしら?」
と人差し指で引っ掛けるように引き戸を開けるとその女性は扉を覗き込めるように屈んでいる。
そこの店長が現れ
「すいません、我々では判断しかねます。」
と丁寧に対応しても
「何言ってるの?旦那の車がここの店の前に会ったから来てるのよ」
2トンもある車を摘み上げて話をする。
店長もこの店を守らないといけない為
「分かりました。ではお店の屋根についてる取っ手を持上げて部屋の中を確認してください。
そして旦那様がいればそのまま摘み上げていただいても結構ですが
このお店を破壊等はおやめください。」
と説明すると巨大な嫁は意図も簡単に屋根を持上げる。
お店いの中には20人くらいの男性と5人の女性がいたがすべての人間がその女性を見ている。
「うわぁー!!」
と一人の男性が大声を上げると
「やっぱりこんな所にいたのね。」
嫁は個室にいた旦那を摘み上げ顔の前まで持ってくる。
旦那は謝りっぱなしで涙まで流してしまっているが
「そんなに私に不満なの?ここにいる小さい女の何処がいいのよ?」
泣きべそをかきながら旦那は
「お前のような大きな女性ばかり見てると自分が情けなくて仕方が無いんだ」
「ふぅーん、そうなんだでも小さい女って言っても、あんたよりも1mくらい大きいのにね・・・」
巨大化を免れた女性でも男性の平均よりも1m近く大きいのは事実だが
「まぁ大きい私達には、どっちも一緒の大きさだけどね」
と即座に嫁が返し、旦那はどうすることも出来ず摘み上げられているだけである。
「あんな小さい女よりも凄い事してあげるわ」
と屋根を戻し、旦那と旦那の車を胸の谷間に挟み立ち上がろうとすると嫁は思い出したかのように
「店員さん。お店に近所の旦那さんがいたの」
「えぇーそれが何か」
「その旦那の奥さんは、私でも真正面にみると太股くらいで見上げると大きなオッパイで顔が見えないのよ」
「はぁー・・・・」
「その奥さんが旦那さんがこんなお店に来てること知ったら・・・だって足首にも満たない建物を壊しても
法律上は無罪ですものね・・・私にはこのお店だと脛くらいだけどあそこの奥さんに取ったら・・・」
「それって話をされるんですか・・・」
「そんな話しないわよ・・・・でもいつかバレるわよ。」
こういう話があるのでお店の場所は転々としている。

ネットでサーチ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。